オーディションの意外な落とし穴について

アイドルオーディションで書類審査で合格し面接までは行ったものの面接でいつも落選…という経験はありませんか?見た目もスタイルも自信アリ。歌やダンスもバッチリだし落ちる理由がわからないという方も多いのではないでしょうか。

実は審査員が面接で見ている場所は見た目や歌唱力だけではないのです。例えば、座っている時の姿勢。思わず猫背になったり姿勢の悪い座り方をしていませんか?姿勢を直すのはなかなか大変。最初から姿勢のいい子を選びたいというのが審査員の本音です。弊害としてスタイルが悪く見えるだけではなく、態度まで悪く見られてしまいます。

そしてアイドルに一番大切なのは笑顔。面接で難しい質問や意地悪な質問をされた時に口ごもったり思わずムッとした顔を無意識にしてしまう子が多いと聞きます。もしもアイドルデビューして歌番組やバラエティに出た時にもしそういう質問をされてしまった時はどうしますか?これで上手く返せなければもう貴方が次に呼ばれる事はなくなってしまうかもしれません。
そういう意地悪だったり答えられない質問の時はけして笑顔を絶やさぬまま素直に「わかりません。」や「不勉強で申し訳ありません。」と明るくハキハキと応えると良いでしょう。

それから意外と見落としがちなのが「歯」です。いくらメイクや髪型、ファッションに拘っても歯が黄色かったり汚ければ台無しです。矯正が望ましいもののまだ未成年だったり家の事情でできないという場合でも、ホワイトニングや歯石を取るなどなるべく綺麗な歯でいる事が大切です。

後はリラックスし貴方らしさを活かしてオーディションを頑張って下さいね。